新築マンション購入においての注意点まとめ。

初めての新築マンション購入では、分からないことがいくつも存在します。ビッグサイズの買い物だけに、購入してから悔いることのないよう、新築マンション購入時に注意すべきポイントをお教えします。

無理のない購入計画を立てる

マンションは高価格のだけに失敗はすることができない買い物。

マンションを購入する際の住宅ローン返済計画は、収入や支出、家族構成、ライフプランなどバラエティーに富んだ場面を熟考して、きちんと計画を立てるようにしましょう。

また、子どもの教育環境なのか、住環境なのか、広さなのか、交通利便性なのか、家族内でのプライオリティーを決めることも大事です。


モデルルームのチェックポイント

モデルルームには、物件の現地に作られているものと、現地以外の場所に開設されているものとが存在します。現地の場合は、時間を変えて何回か足を運び、日照条件や周辺環境などを確認しておきましょう。

現地と別の場所の場合、ほとんどのモデルルームには、建設予定の建物の精巧な模型が置いてあります。自分たちが希望する部屋がどの辺りになるのかを確認し、隣接する建物との関係や、おおよその日当たり具合を営業担当者にコンタクトを取っておきましょう。また日常に使う駐車場・駐輪場・ゴミ置き場の場所がどこにあるのかもチェックしておくようにしてください。

モデルルームのオプション選びは慎重に

新築マンションのモデルルームに展示されている家具やキッチン設備などには標準仕様のものと、有償のオプション商品があります。ビジュアルをよくする演出のため、モデルルームにはあちらこちらに有償オプション商品が使われています。のちのトラブルを回避するためにも標準仕様のチェックは必ず行いましょう。

重要事項説明書をしっかり確認

マンションを購入する契約前に購入予定者に対して物件にかかわる重要事項の説明が宅地建物取引士によって行われます。重要事項説明書に掲載されている内容は専門用語が多く、その場で理解して懸案事項をチェックするのはハードルが高すぎるため、開始するにあたり書面のコピーをもらい熟読し、読んでわからないことがあれば、質問できるように準備をしておいた方が良いでしょう。

ちなみに今、デザイナーズマンションが注目されています。デザイナーズマンションとは、その名前の通りデザイナーがこだわりを持ち設計したマンションのことです。筆者は、名古屋のデザイナーズマンションに住んでいますが、やはり普通のマンションとは違って趣があります。